<< ものづくりにおいて営業の役割 | main | 低価格で反応がある商品を作りたければ… >>

スポンサーサイト

  • 2015.05.26 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ものが売れていた時代,下請けでも儲かりました

JUGEMテーマ:飲食店の経営・販促・マーケティング戦略

こんにちは,ヒット商品請負人の石川朋雄です。

本日小田急線に乗っていたら,「キュウリビズ」の広告がありました。

昨年もこの広告があったような気がします。
きゅうりの販売拡大を狙った広告です。

木桶の中,冷たい水の中にキュウリが浮かんでいます。

記事を引用すると,

全国農業協同組合連合会(JA全農)の東北4県本部
(福島、秋田、山形、宮城)は旬を迎えるキュウリの消費拡大を狙い、
7月1日から首都圏の私鉄車両内にポスターを掲示するなど
キャンペーンを始める。
B3サイズのポスターは、緑色の鮮やかなキュウリの横に
「暑い夏には、キュウリビズ。」の大文字。

火照った体を冷やす作用や利尿作用があり、
夏バテ防止に効果的なことなどをPRする。
地球温暖化対策の「クールビズ」をヒントに全農福島が造語した。


ホームページにあるキュウリ棒はおいしそうです。
味噌を付けて食べると言ったのも食欲がそそります。

私が北海道へ行った時,高速道路のサービスエリアで,
棒に刺さった冷やしたキュウリが売っていて思わず買ってしまった。

その価格はスーパーで買う値段より高い1本50円でした。
棒に刺さっており浅漬けになっています。

この例はキュウリの販売促進かも知れません。
キュウリの売上を上げる目標であれば,
その売り方も重要で,キュウリ自体のおいしさは大前提です。

スーパーでキュウリの売上を拡大するにはどうしたら良いか?

試食やメニュー提案,メニューの提示など

お客様が買いたいと思う方法がその方法です。


たかがキュウリですが,丹精込めて作った農家の方にすれば
売れないキュウリより売れるキュウリの方が嬉しいです。
 


ものづくりの現場では下請け企業があります。
私はこの現場が詳しくはありませんが,
おそらく仕事がないと嘆いています。


ものが売れていた時代,下請けでも十分に売上が上がりました。
それは発注する側も儲かっていました。

当然と言えば当然です。
現在,元請けの製品が売れない時代に
下請けに仕事が回ってくるはずがありません。

価格競争に陥るのが見えます。
ともかく安く作れ。コストゼロで作れと言われても,
利益が出なければ作る意味がありません。

また,下請けの企業は依頼された製品を忠実に作ることが目標です。
悪く言えば言われたとおりに作れば良かったのです。


では,下請けを脱皮することは大変です。
言われた通り作っていた時代とは明らかに違います。
何をしていいかわからないと言うのが本音でしょうか。
企業存続のために下請けから脱皮という話はよく聞きます。
自社製品を作る。

実際,ものを作る,ものを売る。と言う作業かも知れませんが,
今まで作っていたものがそのまま商品化して売れる保証はありません。

売れるのであれば,下請けより商品化した方が良いです。
誰に売るか。どこで売るか。何を売るか。どうやって売るか。競合他社はどうか。

決めなければいけないことが多くあります。

一つの方法として,
まずは,自社の強みが何かを考えます。

こんな商品かアイデアを出します。
強みを生かしたアイデアにまとめます。


一般のお客様ならそのお客様にそのアイデアの反応を聞きます。
商品自体の商品力を高めます。

作ってから売り方を考えるより,
作る前からニーズをしっかり掴んだ商品の方が売れます。

今までの方法とは違うのでなかなか大変かも知れませんが,
下請けから脱皮したいのなら一考です。




商品企画、開発の相談を無料で行っています。 

内容は、アイデアの出し方から売れる商品はどうすればできるかなど
今までいただきましたお客様のお問い合わせから多いご質問を
公開できる範囲内でお答えしました。

アンケート項目にチェックして回答をお届けします。
現在,商品企画をはじめとする点でご意見や感想などを頂ければ幸甚です。
また,課題や問題がありましたら私の経験などを踏まえて回答いたします。


記入,回答頂いた方に100名(残り54名)
有料で行ったお客様の価値を引き出す商品を作る商品企画セミナーの
音声CDと資料を無料でお送りいたします

数に限りがありますのでご了承願います。 
※また,事例は法人企業,団体のみとさせて頂きます。
弊社の業務内容としては企業向けに行っています。
個人の方は誠に恐縮ですが,ご理解頂きますようお願い申し上げます。


先日,資料を送った方から大変わかりやすいという声を
いただきました。ありがとうございます。


詳細な内容は下記を今すぐクリックしてください
http://www.firstchecker.jp/dx/form/11/


本日も最後までお読み頂きましてありがとうございました。

→ブログランキングへのクリックお願いします


お客様の価値を引き出し買いたい商品を創る!─────────────────
 ヒット商品企画 請負人(有限会社企画システムコンサルティング)
 ヒット商品コーディネーター 石川朋雄
 ◆お客様が買いたい商品を創る企画紹介ホームページはこちらです。 
  http://www.plan-sc.jp 
 ◆お客様が買いたい商品を創る!ご登録はこちらから。
 
http://www.mag2.com/m/0000227723.html 
 ◆無料電話相談も受付中。お申込はこちらから↓
  http://www.plan-sc.com/koe.html
 ◆ヒットになる商品を創り方と事例を公開中。詳しくはこちらから
 http://www.firstchecker.jp/dx/form/11
 ◆ツイッターはじめました、リアルタイムで更新中です
 http://twitter.com/plansc
  ◆中小企業大学校:東京校で商品企画研修の講師(11月から)
 http://www.smrj.go.jp/inst/tokyo/
  
 

スポンサーサイト

  • 2015.05.26 Tuesday
  • -
  • 23:47
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
そもそもネクタイと上着が洋服でワイシャツって下着だよ。
西洋から来たスーツは暑くともきちんと着る文化なんだから、クールビズなんて発展途上国みたいで洋服ではないよ。
せいぜい和服・人民服・民族衣装などの部類だよ。
ノーネクタイはみっともないし、失礼で見苦しいから見たくないからやめていただけませんか?
失礼の以前の問題として、ご自分が恥ずかしい格好であることを忘れないでくださいね。

せっかくのブログなのに、下品なクールビズというダサい言葉は使わないほうがいいかもしれませんね。
  • 男性のノーネクタイは、非常識で失礼で、格好悪い。
  • 2010/07/28 8:12 PM
コメントする









リアルタイム無料商品企画診断
fc_o.jpg
石川朋雄twitter
お客様の声から売上を簡単に上げる商品の作り方
ヒット商品企画請負人石川朋雄のブログとあわせて読みたい
あわせて読みたい
            
人気blogランキング
ブログランキングへのクリックをお願いします
  
だれでも90日でできるヒット商品企画
Live Broadcast by Ustream.TV
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
sponsored links
recommend
recommend
recommend
ヒットを生む商品企画七つ道具 よくわかる編
ヒットを生む商品企画七つ道具 よくわかる編 (JUGEMレビュー »)
神田 範明,長沢 伸也,丸山 一彦,大藤 正,岡本 真一,今野 勤
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM