<< 企画システムコンサルティングは17年目を迎えました | main | 新・商品企画七つ道具セミナーの開催します >>

スポンサーサイト

  • 2015.05.26 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


商品企画の社内標準化のススメ

JUGEMテーマ:ビジネス
 
こんにちは、ヒット商品企画請負人の石川朋雄です。


商品企画の社内標準化のススメ



商品企画の現場で、企画標準を決め、それを守ることが大切なのは、
企画案のバラツキを小さくして、商品戦略上の企画に見合う、
商品を企画、追行するための業務。


商品企画の標準化を目指すためには、
企画担当者が常に使う人が使う立場に立って工夫をします。



商品企画の体系化は、経験と勘と度胸の世界が横行する
企画の分野にメスを入れる必要があります。


企画の後工程である設計、生産、販売では
かなり管理がされています。

企画はまだまだ管理、標準化されている企業は少ないのが現状です。


商品企画業務の標準化は、
顧客への対応
創造性の高いアイデア出し
企画案の市場の検証がポイントとなります。


顧客対応一つにしても、標準化するための対策は存在します。

ヒアリング調査
ニーズ発掘

その設計と実査、分析と工程はあります。


・顧客へのアンケート調査

この場合も設計や実査、分析、まとめの工程が存在します。

商品戦略上の問題解決、目標を達成するために
工程管理の標準化は必要と考えます。


標準化され、応用パターンが生まれます。
基本が確立されると他への活用が広がります。

私の知っている企業では、
商品開発案件は市場の調査結果なくして、
市場には出ないという標準化が徹底されています。


外注企業にもその取り組みは広がり、
市場調査のアンケートなくして開発の成功なしとの
お触れがあるようです。


標準化の完成までは時間を要しますが、
組織変更や人材の異動もありますから、
現状の社内企画担当部署の経験則を見える化するだけでも
標準化の一歩が踏み出せます。



製品開発の問題解決、顧客価値を追求した商品を創る!
 有限会社企画システムコンサルティング 代表取締役
 ヒット商品請負人 石川朋雄
Yahoo! Googleにて 「石川朋雄」 で検索!

◆「独創的な商品を作る」ホームページはこちらです。
http://www.plan-sc.com

スポンサーサイト

  • 2015.05.26 Tuesday
  • -
  • 16:54
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









リアルタイム無料商品企画診断
fc_o.jpg
石川朋雄twitter
お客様の声から売上を簡単に上げる商品の作り方
ヒット商品企画請負人石川朋雄のブログとあわせて読みたい
あわせて読みたい
            
人気blogランキング
ブログランキングへのクリックをお願いします
  
だれでも90日でできるヒット商品企画
Live Broadcast by Ustream.TV
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
sponsored links
recommend
recommend
recommend
ヒットを生む商品企画七つ道具 よくわかる編
ヒットを生む商品企画七つ道具 よくわかる編 (JUGEMレビュー »)
神田 範明,長沢 伸也,丸山 一彦,大藤 正,岡本 真一,今野 勤
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM